私が彼女と出会い系で知り合ったのは26歳の頃でした。
結婚して8年目でした。
妻とのSEXは週1ペースでしたがさすがに新婚時の勢いが無くなってしまっていてもはや2時間してもイカない状態になってしまっていました。
さすがにこれは男性的にもまずいと思ったので誰か美人でエロい女性とハメなければと思いいつも利用している出会い系サイトで早速仕事の休憩時間を使って検索しました。
すると二階堂ふみにそっくりのちょいハーフ顔のエロセクシーな女性を発見しました。
早速「こんちは。26歳、妻子ありの職人やってるよ。写メ見たけど二階堂ふみそっくりじゃん!出来れば今日仕事終わりで会って欲しんだけど!写メ見て気になったらLINEして」と送ると即返信で「こんちは!二階堂ふみは嬉しいなぁ。私も好きなんだ。〇〇の写メも見たよ。ビジュアル系イケメンだね。しかも私のタイプだし。じゃあ今日の20時に〇〇通りのカインズホームの駐車場で待っててね!着いたらLINE頂戴」ときたのであまりにも上手くいき過ぎだとは思いながらもちょっとワクワクしながら仕事のペースを上げてなんとか19時過ぎにはその当時乗っていた白のフルカスタムBMW7シリーズセダンで事務所を出てダッシュで加速して彼女が待ち合わせに指定したホームセンターの駐車場に20時ジャストに着きました。
早速「今着いたよ。白のBMWだから乗ってきて」と送るとスタイルが良くてキレイに女性がおっぱいを揺らしながら走ってきてドアを開けて乗ってきました。
ルックスは160センチの40キロのEカップでしたので私との背のバランスも取れていたのでナイスでした。
髪は肩までのボブで前髪も揃えてカットしてあってカラーも気持ちブラウンにしてあるくらいのどちらかと言えば年齢を聞かなければ18歳でも通るようなルックスでした。
顔は二階堂ふみまんまなので髪をロングにすれば完璧だなと思って見ていました。
ピンクのカットシャツに前だけインして白のタイトジーンズに茶色のパンプスという感じだったのでKーPOPをかなり意識したファッションでした。
助手席に乗った彼女は早速「こんばんわ。やっぱ実物の方がもっとイケメンででも可愛いよね!今日は何でも〇〇の言う事聞いてあげるから」といきなりの攻めモードできたので遠慮なく「じゃあどっかのコンビニで食料買ってラブホで泊まりで」と言うとあっさりと「良いよ。じゃあお金も全部私が出してあげるから!」と言ったのでとりあえずクルマを出して最初はラブホに行く途中にあるローソンに寄って彼女が腕に腕を回して爆乳を押しつけながら恋人繋ぎをしてきたのでその状態で店内に入ってお腹が空いていたのもあったのでお弁当からお菓子から飲み物やデザートまで買って買い物かごをいっぱいにしてレジに持って行くと会計が驚きの1万超えでしたが彼女は「もう本当に欲しいもの無い?」と私に聞いてからカードを出して切ってくれました。
両手いっぱいのパンパンの袋を持ってクルマに積むとまた彼女を乗せて今回は私がお金を出さない事もあったのでいつも使っているラブホの中でも1番高くて豪華なホテルにインしました。
そして彼女の手を引いて片手に買物袋を持ってエレベーターに乗って窓を開けるとキレイな夜景が見える部屋にインしました。
彼女はその景色を見るなり子供のようにベットに乗ってはしゃいでいました。
その間にテーブルに所狭しと買ったものを並べて準備をしてから夜景に浸っている彼女をソファに座らせて私も横に座って仲良く頂きますをしてお互いの仕事や異性のタイプや趣味などを語りながら1時間ちょっと時間をかけてゆっくり美味しく食べました。
彼女は私が全て食べた事にびっくりして「ギャル曽根みたいだね」と言って私の膨れたお腹を撫でて遊んでいました。
さすがに仕事の疲れもあったのかちょっと魔がさしてしまって20分くらい寝てしまいました。
ふと目が覚めてみると彼女はベットに全裸で布団を被り寝ながらアダルトチャンネルをまじまじと見ていました。
私が彼女の方を見ると「ごめん…あまりにも気持ち良さそうに寝てたから起こすの悪いかなって思っちゃったから!もう準備は出来てるから服脱いでこっちおいで」と言われたのでふと足元を見ると彼女の服やピンクのエロブラパンがきちんとたたまれておいてありました。
私もその場でフルチンになって彼女が寝てるベットにダイブしました。
そして布団を剥いで彼女の身体をじっくり観察しました。
おっぱいはEカップの天然なので仰向けになると横に広がってしまいますがそれでもきちんと張りがあって乳輪が小さくて乳首がちょっと大きい色もまだベージュなキレイなおっぱいでした。
マンコはマンコ周りがきちんと毛の処理がしてあってビラも全然無いアナルも未使用の極上ピンクマンコでした。
早速彼女と抱き合いながら全裸同士でディープキスをしてから私が仰向けに寝て彼女の両足を全開開かせて69状態にして両手で爆乳を揉みながら舌と唇でマンコやアナルやクリを舐めては吸ってを繰り返しました。
彼女は私のフニャチンを片手で玉揉みしながらもう片手で亀頭を全開にした状態でディープフェラとスロートを交互に繰り返してジュルジュルすすりながらノンストップでしてくれました。
普段であれば30分されてもなかなかイカないのですが…
彼女の超絶テクで10分くらいで私が先にイキそうになったので「イキそう」と言うと彼女は舌先で裏スジを攻めながら手コキで射精させて爆乳に射精してからも小さくなるまで乳首に擦りつけて彼女自身も喘いでいました。
私もクンニを再開して10分くらい攻め続けると「あっあっもうダメ」と喘ぎが変わると私の顔にマンコを顔面騎乗位でもって来て自らマンコを指で開いてもう片指でクリを擦りまくって私がさらに舐め続けると「イクッ」と言って私の口にビチョビチョマンコを下ろしてピクピクいわせて私のお腹に股を全開きで10分くらい果てていました。
あまりにも気持ち良かったみたいだったので今度はアヘ顔の彼女のお尻を何回かスパンキングして彼女を窓のカーテンを全開のまま窓に両手をつかせて背面立ちバックで30分くらいノンストップでマンコを激しくピストンしていると彼女の喘ぎ声もどんどん大きくなってチンコを見るとクリーム全開だったのでそのまま休まず突くと「イクッ」と言ってピストンされながら透明で甘い潮を吹きました。
私もイキそうだったのでその外から全開見える窓で彼女にフェラと手コキで今度は彼女の口に射精しました。
彼女はピクピクが無くなるまでキチンとチンコを口に咥えて小さくなってから口から出して全てをごっくんしてその爆乳で挟んでキレイにしてくれました。
その後はお風呂に入って洗いっこして一緒に出て髪を乾かしあってからまた全裸のまま抱き合って寝てお互い翌日の朝、前日と同じ格好で彼女の会社前まで送ってから私も自分の職場に向かいました。
なかなか女性で窓際でカーテン全開でさせてくれる女性はいないので良い興奮具合で最高にSEXでした。