私が彼女と出会い系で知り合ったのは26歳の頃でした。
結婚して8年目でしたので妻とのSEXは週1で時間が合えばしていましたが正直技が出尽くした感があったのと子供の教育方針の違い等で夫婦関係がたまに上手くいかなくなってちょうどケンカをしていた時期でした。
結婚した事がある人であれば分かると思いますが女性は出産すると女性から母親になります。
なので8年目にもなると当然優先順位は子供が1番になります。
そんな事もあってか仕事と週2で某埠頭に集まってチームの連中と集まってドリフトしながら食べって飲むのが唯一の楽しみになっていました。
この当時は年齢も年齢だったので通勤用のベタ車高フルスモ前後鬼キャン白34セドリックとドリ専用のフル公認即ドリバイオレットパープル100系クレスタの2台所有していましたがクレスタの方は埠頭やサーキット以外ではもう乗らなくなって普段はセドリックばかり乗っていました。
そんな状況でやはり違う女性とハメたくなってしまう悪い癖がまた発病してしまいました。
早速いつもお世話になっている成功率が高くて美女が多い出会い系サイトを仕事の休憩時間や仲間と集まっている時に検索し始めました。
仕事の休憩時間に検索していると昔、恵比寿マスカットに出ていた有名セクシー女優の麻美由真にそっくりのピンク14シルビアと一緒に写メを載せている美女を発見しました。
早速「こんにちは!26歳妻子ありで職人やってるよ!チーム組んで毎週〇〇埠頭で走ってるんだけど!良かったら一緒に走らない?写メ見て会ってもいいって思ったらLINEして」と送りました。
いつもであれば即返信か数時間するとくるのですがこの日は仕事時間中は来ませんでした。
今回は外したと諦めて残業もして20時に事務所をセドリックで出て自宅に帰ってシャワーとご飯を済ませていつものツナギに着替えてクレスタにドリ履きタイヤセットと工具を積んで軽くチェックしてから22時過ぎに自宅をクレスタで出て友人達がいる埠頭に着いて1セット目のタイヤがバーストするまでドリを楽しんで2セット目に組み替えてクーリングさせていた時でした。
LINEの着信が鳴ったので開いてみると「日中返事返せなくてごめんね!ちょうど陸自に構造変更しに行ってて気が付かなかったから…写メ見たよ。てか〇〇埠頭でいつもチームで走ってて紫のクレスタ乗ってる人だよね?ウチ何回か見たよ。顔もイケメンでタイプだったしドリもキレた走りするから前から会ってみたかったんだ!今っていつもの〇〇埠頭でドリ中?」ときたので「ありがと!そうだよ。いつもの埠頭で只今6台でドリ中だよ。さっき1セット潰したからこれから2セット目で走ろうと思って組み替えとクーリング中だったけど…会ってくれるならそっちが希望した場所行くよ?何処」と送ると「マジで〜!じゃあ〇〇山の〇〇駐車場で今、1人でドリの練習してるから来て!待ってるね」ときたのでチームの連中には用事が出来たと言ってブーブー言われながらも埠頭を出て彼女がいる〇〇山の駐車場に着きました。
すると彼女が必死のパイロンを2本立てて8の字の円書きの練習をしていました。
しばらく見ていましたがどうしても振りっ返しで上手く繋げ無くてスピンしていました。
30分くらいすると彼女のシルビアがバーストして私のクルマの近くにてくてく走って来て彼女がクルマから降りてきました。
ルックスは168センチの42キロのEカップのボンキュボンのナイスバディでした。
髪は前髪がおんざで揃えてあっての腰までのブラウンロングでした。
ポニーテールに結ってあったのでうなじがとてもキレイでした。
顔はまんま麻美由真だったので見ただけで昔お世話になったDVDを思い出してしまいました。
上が白のロゴ付きのチビTにブルーのディッキーズの長袖ツナギを腰で結んでサーモンピンクのブラを透けさせて胸がぱつんぱつんに張っていました。
そんな彼女が私が降りて行くと「どう?下手でしょ。実は最近始めたばっかりで…仕事は板金だからこのシルビアも自分で仕上げたんだけど腕が全然だから…教えて」と言われたので「じゃあとりあえず〇〇のシルビアのタイヤ交換してちょっと休んでからね」と言うと私も一緒に彼女のシルビアのタイヤ交換をしながらクルマのチェックやエンジンもひと通り見てあげて色々な話やアドバイスなどもしました。
彼女は朝まで走るつもりだったみたいで手作りのおにぎりや惣菜にお菓子や飲み物まであったので彼女と仲良く美味しく食べました。30分くらい休憩して身体もいい感じになってきたので彼女に「じゃあこのクレスタの横乗って!ここの山は前まで結構走りに来てたから」と言うと「マジヤバい」と言って初めて見せた最高スマイルで助手席に乗って来て大きな胸の谷間にシートベルトをかけて勢いよく駐車場を飛び出し登りと下りを2セット走りました。そして最後は彼女が立てたパイロンできちんと8の字を描きながら説明も交えて足と手の動きやタイミングも教えてバーストさせるまで走って再びてくてく脇まで走って彼女と話ながら普段履きのタイヤセットに組み替えてクーリングしながらクルマのチェックもして彼女とまた講義みたいな感じで聞かれた事は全て答えました。
すると今度は彼女のシルビアの助手席に私が乗って実践での講義と指導が始まりました。
私のさっきの走りがよほど効いたのかもう完全に先生と生徒の関係状態で彼女がミスってスピンすればその度に叱咤激励して1時間くらい間に休憩とクーリングタイムを設けて走り込みました。
すると最後には上手く繋げて8の字を描きながらバーストしてまたとことこ脇に寄せて彼女のシルビアももうドリタイヤセットが無くなっていたので普段履きに一緒に作業して履き替えてようやく一息つきました。
もうこの時点で午前3時でした。
すると彼女はよほど8の字が出来るようになったのが嬉しかったみたいで私に爆乳を当てながら抱きついて来て「ありがと」と言って私の舌に長い舌を絡めて来ました。
もう我慢の限界だったので一気に彼女のTシャツをめくってピンクブラのホックを外すとボロンと大きな乳輪と小さな乳首のベージュおっぱいが出てきました。
それを両手で揉みながら舐めて吸いまくり彼女が「もっと〜」と言ってきたのでその場で立ったままツナギとピンクエロパンを脱がせて彼女の股を開かせて私は膝立ちになってパイパンでビラも無いキレイなピンクマンコとバージンアナルをクンニで舐め回しして10分くらいすると「イキそう」と喘いだので指Gスポ攻めに切り替えて激しく擦るとアスファルトに勢いよく透明で甘い潮を吹きました。
そして休憩用と工具等を置く用に積んであったレジャーシートをお互いのクルマを壁にして後ろのアスファルトに敷いて私は仰向けになって69で彼女のマンコを引き続き攻めながら彼女は私のツナギのチャックを下ろしてパンツの中からギンギンのチンコを取り出して最初はディープフェラやスロートをしてくれて20分くらいすると私もイキそうになったので「イキそう」と言うと今度はパイずりをしながら舌で裏スジやフェラを繰り返して最後は手コキで口内射精でイカせてくれて何も言わずにごっくんしてまた小さくなったチンコを大きくしてくれました。
その後は彼女をレジャーシートの上でスニーカーとソックスを履いたまま尻を突き出させてマンコをまた軽くクンニしてあげてからバックでマンコに彼女の唾液でデロデロになったチンコを一気にマンコの根元まで挿れて尻を軽くスパンキングしながら激しくノンストップで30分突きまくると彼女が「ダメ。イッちゃう」と喘いだので更に激しく突いてマンコとアナルがヒクヒクいってイったのを確認してからまたマンコピストンを始めて最後は私もイキそうになったので彼女の口元に持っていき口を開けさせて自分の手でシゴいてまた彼女の口内に出してしゃぶってキレイにしてもらいました。
もう気が付くと朝日が昇ってきていました。
初日の出では無いですが最後は顔射でフェラしてもらって2人で朝日を見るとは思いませんでした。
最高のSEXでしたし彼女もドリフトが上達したので嬉しかったです。